ドラッグストア 薬剤師 求人

ドラッグストアの求人動向

ドラッグストアは大型化や企業のM&A(吸収合併)の流れを受けて大きく市場を拡大。すでに3兆円を超える規模になっています。これはここ8年で2倍に規模が拡大したことになります。

このような状況なので当然ドラッグストアで働く薬剤師さんも増えています。今では薬剤師全体の20%程度はドラッグストアで働いていると言われています。

ドラッグストアではOTC医薬品を取り扱います。薬の臨床現場とは遠ざかりますが、お客さまの相談に対応してアドバイスするやりがいがあります。また流通の仕組みについても学べます。

最近は調剤薬局も併設しているタイプもかなり増えているので、ドラッグストアの中でも様々な役割が求められています。

ドラッグストアの生き残り戦略と薬剤師

市場は拡大しているとはいえドラッグストア間の競争はなかなか熾烈です。今までのように「薬や化粧品・日用品が安い」というだけでは淘汰されてしまうかもしれません。

差別化には薬剤師の個人の役割も大きいです。これからはドラッグストアの顧客にとって「薬に詳しい人」ではなく、「医薬品を買うときは○○薬局の○○さんに相談したい」と思われるようにならないといけないでしょう。

例えば美容室でいつもの美容師さんを指名するような感覚です。「あそこの薬剤師さんは感じがいいよね」という印象がライバル店ではなくあなたのお店に来てもらう最大のモチベーションになるはずです。

これからは淡々と薬の説明をするだけではなく、お客さまの悩みを汲み取れるサービス精神が薬剤師にも強く求められるようになります。

ドラッグストアの求人の見つけ方

ドラッグストアの薬剤師の求人はメディカル・コンシェルジュが運営しているサイトが充実しています。丁寧なキャリア・コンサルティングと好条件なお仕事を紹介してくれることで評判です。(登録はこちら

薬剤師の求人・転職・募集ならMC─薬剤師のお仕事


サイトマップ | 免責事項