調剤薬局 求人

調剤薬局の求人動向

調剤薬局はお医者さんからの処方箋に基づいて医薬品を調剤して患者さんに提供します。

日本でも医薬分業が促進されて全国に調剤薬局が急激に増加しました。平成21年の調剤薬局の市場規模は5兆6000億円で、これは10年前の2倍の規模にあたります。

当然そこで働く薬剤師さんの数も増えて、今では薬剤師の50%は調剤薬局で働いているといわれています。ですから調剤薬局の求人はずっと高い水準を維持しています。職種も常勤でもパートでも柔軟に選択しやすいです。

一部では調剤薬局は飽和しているという見方もありますが、日本の医薬分業率は60.7%程度なのでまだまだ市場は拡大する可能性を秘めています。

調剤薬局で求められるコミュニケーション力

調剤薬局には毎日いろいろな患者さんが来ます。そのため大切なのがコミュニケーション力です。患者さんの悩みを聞いてお薬について適切なアドバイスができることが求められます。

医薬分業ということは患者さんはどこの調剤薬局に処方箋にもっていってもいいということです。それならば感じがいい薬剤師さんがいるところで薬を出してもらおうというのは自然は心理でしょう。

このように薬剤師にも薬の知識だけではなくサービスを提供する人としての心構えが必要です。実際に調剤薬局では応募してくる薬剤師さんのコミュニケーション力はよく見ています。

調剤薬局の求人の見つけ方

調剤薬局の薬剤師の求人はメディカル・コンシェルジュが運営しているサイトが充実しています。丁寧なキャリア・コンサルティングと好条件なお仕事を紹介してくれることで評判です。(登録はこちら

薬剤師の求人・転職・募集ならMC─薬剤師のお仕事


サイトマップ | 免責事項